働く!探す!使えるネット

リクナビNEXTプライベートオファー・興味オファーほか評判


HOME>リクナビNEXT殿堂入り

転職求人殿堂入りサイト リクナビNEXT


リクナビネクスト画面
コチラ リクナビNEXT

転職者の約8割が利用しているという日本最大級の会員数を誇る無料の転職サイトです。

毎週更新される数千件もの求人情報を、あなたの希望の条件で検索し、求人や会社説明会に応募することができます。


プライベートオファーに関するつぶやき評判

興味通知オファーに関するつぶやき評判

リクナビNEXTのオファーを総括すると

□ 運営会社 株式会社リクルート
東京都中央区銀座8-4-17
□ 事業内容 <運営元事業概要>
『B-ing』『とらばーゆ』『ガテン』『fromA』『アントレ』『Works』等、情報誌の発行・発売

求人サイト『リクナビ』『リクナビNEXT(ネクスト)』『リクナビ派遣』『とらばーゆ*net』『ガテン仕事情報』『fromA navi』『アントレnet』等の運営
ほか進学・旅行・自動車・ブライダルと多方面に展開
□ ご利用方法
<リクナビNEXTお仕事までの流れ>
1.会員登録
2.お仕事情報の検索
3.直接、面接や説明会 又は転職相談
4.就業





リクナビネクスト・つぶやき評判


Twitterより

つぶやき 「とりあえず週末まとまった時間とれたらリクナビネクスト登録しとこう。オレにもガマンの限界ってのがある」



つぶやき 「@○○○ たぶん今仕事しながら転職活動する時間ないよね?? 本当は仕事決めてから辞めるのが、金銭的にはいいと思うんだけど、とりあえずリクナビネクストとか登録おすすめする! あとは転職活動なら定番のハローワーク、とりあえずの職なら派遣会社もありですん!」



つぶやき 「ハロワなんてアテにならんからリクナビネクストお勧めだよ、俺はそれで転職成功した」



つぶやき 「リクナビネクストの登録を長いこと切ってなくてたまにメールくるんだけど、こないだきたやつにアサヒビールって書いてあってちょっと心がゆらいだ」



つぶやき 「ここ数年登録してるけど、9月位からプライベートオファーメールの来る数が急に増えてるんだよね。過去にないレベルで。明らかに求人増えてると思うけど、これもジワジワと景気回復してきたことを表してるんじゃないかな?」



つぶやき 「リクナビネクストにて、若干の景気の上向きを感じる。」



つぶやき 「ご馳走になっちゃった。えらく心配され、同時に会社の愚痴になり解散。とりあえずリクナビネクストに登録しろとアドバイスを貰う。さすが転職経験者は違うな。」



つぶやき 「社会人デビューして支店配属の翌週にはリクナビネクスト登録したよぼくは。」



つぶやき 「登録してるけど都市銀行経験者とかリテール経験者を優遇してくれる企業もあるみたいですね」



つぶやき 「そーいえば就活してた頃、5年勤めたら転職するつもりだったっけ。とりあえずリクナビネクスト登録しよう!」








リクナビのプライベートオファーに関するつぶやき



リクナビNEXTの"プライベートオファー"とは

登録したレジュメに基づいて企業から「個別面接の案内」がメールで届きます。
オファーに返信をすると書類選考が免除され、面接を受けることができます。


Twitterより

つぶやき 「久々にリクナビ見たらプライベートオファーが12通も来てた・・全て東京・・新しく条件を設定する機能が追加されてたから、勤務地に札幌、関東、沖縄を設定した。今の気分的には今と同じ給料で沖縄からオファー来たら即決だ。もう一回だけ人生をリセットしたい。」



つぶやき 「リクナビ転職のレジュメとかをちょっと更新したとたんに、ものすごい勢いでプライベートオファーが届きまくる。現職ってデモシカっぽいとねとか言われてで倦厭されるかと思ったけどそうでもないんだ…驚き。でも、よくよく考えると現職継続のほうが労働条件が良さそうという残念なパターン。」



つぶやき 「リクナビNEXTを使っていますが、企業側から送られてくるプライベートオファーがいい加減です。必須資格のない求職者にまでオファーし、それを受けると書類で落とされます。利用するならプライベートオファーもオープンオファー同様のシステムと考えたほうが良いですよ。」



つぶやき 「リクナビには「プライベートオファー」は面接確約のオファーとありますが、実態は守られていません。オファーに応えても、返信がないか、採用人数が充足したという本当かどうかわからない理由で落ちる場合もあります」



つぶやき 「リクナビNEXTに先日きていたプライベートオファーの再通知が来ていて向こうさんの本気度は高いけど技術屋さんを辞めたいからスルーする」



つぶやき 「一回企業から直接プライベートオファー来たぞ。それも上場企業。 調べたらリクナビには掲載されてない求人だった。 いきなり面接案内で交通費支給だったけど勤務地希望と違ったので断ったけど。 リクナビNEXTで職探し272社目」











リクナビの興味通知オファーに関するつぶやき



リクナビNEXTの"興味通知オファー"とは

登録したレジュメに基づいて企業から「オファーポジションへの興味の確認」がメールで届きます。
オファーに「興味あり」で返信をすると企業が正式にオファーしたいと思った場合に、面接や説明会の案内が届きます。


Twitterより


つぶやき 「リクナビで興味通知オファーが来てた。申し込むべきか、否か…。」



つぶやき 「11月既にリクナビNEXTにオープンオファー2件興味通知オファー2件も来た。ヘルパー関係だけどね。資格を取ってから変ったわ。取る前はほとんどこなかったのにね。プライベートオファーも何通かきたよ。でも俺が転職するとしたら農業がらみか音楽がらみなんですよね。」



つぶやき 「興味通知オファーなんて迷惑メールと一緒 プライベートオファーが来てようやく書類選考免除 1次面接以降は他の応募者と全く同じ条件 オファーなんて意味無いよ リクナビNEXTで職探し269社目」








リクナビNEXTのオファーを総括すると

リクナビ運営と、求職者と求人の活性を図る為なのか、プライベートオファー、興味通知オファー、オープンオファーの境界線がややルーズになっている印象です。

ただ、「求職者は気を揉む事が多い」という事情と「匿名性の高いつぶやき」という点を考慮すると”愚痴”だったり、”つぶやきが行動目的になってる”ようにも見受けられたりします。

断ったり、断られたり、すれ違ったりして最終的に一社に決まるという流れなので当然といえば当然なのかもしれません。

最上部の「リクナビネクスト」のみをキーワードにした抽出では、実際にうまくいったケースも多く見受けられますので、人材紹介複数社にエントリーするのと同様に「可能性を広げる」という意味においてリクナビ登録は必須と言えます。

取捨選択をしっかりしつつ、めぐりめぐって最終的にはあなたにいいご縁がありますように。


人気の就職・転職情報サイト



ウェブデューダ画面
DODA デューダ


探せる求人1万件。隠れた求人2万件。
JACリクルートメント
JACリクルートメント


信頼と実績のある上場企業。サポートが好評。
パソナキャリア
パソナキャリア


質量ともに国内最大級の求人数


比較で検討>求人情報サイトの比較一覧


カテゴリー







リスト 殿堂入りサイト

ご利用の流れ

ご利用の流れはおおよそ以下のようになっております。
会員登録
各WEB上で会員登録(無料)。
各社にて面談
WEBの案内に従って、コンサルタントと面談。
案内
求人情報の提供・お仕事の案内を受けます。
面接
指定日時に面接を行います。
内定
お仕事が内定したら就業となります。

各サービスにより詳細が異なる場合があります。各WEBにてご確認下さい。



ガイダンス