働く!探す!使えるネット

IT転職エージェント(人材紹介)のランキング


HOME>IT業界の転職サイトランキング上位

IT転職ランキング上位



エージェント タイプ 概 要 申 込
 総合おすすめ1位 ワークポートlogo
特化型 ワークポート

ITエンジニアに特化した人材紹介サービス。ネット業界・WEB業界に強い。
 >>>詳しく
お申込
 総合おすすめ2位
マイナビエージェントIT
総合型 マイナビエージェントIT

IT業界出身のキャリアコンサルタントが面接対策をはじめ転職活動をサポート。
 >>>詳しく
お申込
 総合おすすめ3位
タイプ転職エージェントlogo
総合型 type転職エージェントIT

東証一部上場企業のキャリアデザインセンターが運営。首都圏がメイン。
 >>>詳しく
お申込



IT転職の人材紹介(エージェント)はどれが最適解?

上記エージェントはWEB業界、ゲーム業界、各種エンジニア、IT業界の転職エージェントのランキング上位です。

でもちょっと待って下さい。

転職活動において最大の成果は、「あなたに合った職に就くこと」ですので、人気や実績、規模などは選択要因の一つであるとしても決定要因としては大きいものではないと思いませんか?

転職エージェンシーは「あなたにとって不本意な転職だった」としても求人企業から収益を得、数字上は過去実績となってしまいます。

そこで競争の激しいエージェンシー業界は「顧客満足度」を前面に出すわけですが、それも他人様の数値にほかならず、あなたが満足するかは別問題です。

「ではどうすれば最適解を得られるのか」


転職エージェントの上手な活用方法
(↑お手隙にでも)

IT転職も同じ事がいえます。

当ページでは上手な活用法にならい下にいくほど、「見えてくるように」と心がけて記事にしています。

まずは以下にIT転職のエージェンシー各社の特徴を一覧にしておきましたので、検討材料にお役立て下さい。


エージェント タイプ 概要 詳細
リクルートエージェント 総合型

リクルートエージェント

人材紹介最大手で質と量は多を圧倒。
注意点は総合型なので専任エージェント一人当たりの扱い量が多い事。その為エージェントの力量判断が必要です。

「業界の求人動向を知る」という意味ではココでの登録がおすすめ。


>>>詳しく
メイテックネクストlogo 特化型

メイテックネクスト

大手がIT分野に入ってくる前からの老舗エージェント。

エンジニア系の非公開求人件数は業界No1。
技術系の方なら業界変遷と動向に一日の長があるここでの登録が優先。


>>>詳しく
レバテック キャリアロゴ 特化型

レバテック キャリア

「@Agent」での実績を活かし、関東を中心にIT&WEBエンジニア特化サービスを展開。

エンジニア出身のコンサルタントも在籍。エンジニアのニーズを100%理解し条件交渉から面接対策まで徹底してサポート。


>>>詳しく
JACリクルートメントlogo 総合型

JACリクルートメント

JAC自体がロンドン発祥の為、外資系に強いエージェント。

エージェント専業で上場まで果たしているので実績は充分。

200名以上のスタッフが転職支援にあたっているので、安心して任せられます。


>>>詳しく



IT転職情報サイト


サイト名 タイプ 概要 詳細
リクナビnextロゴ 総合型

リクルナビNEXT

転職者の約8割が利用しているという日本最大級の会員数を誇る無料の転職サイト。
登録するとオファーメールが届きます。


>>>詳しく
IT転職ナビ 特化型

IT転職ナビ

ここで無料転職支援を受ける場合はワークポートのサービスを受ける事になります。
ワークポートの利用を検討中の方はまずここで情報収集を行うとスムーズに事が運びます。


>>>詳しく
ITワーク 特化型

ITワーク

プログラマーやシステムエンジニアなどの高スキルのお仕事からデータ入力等のお仕事まで幅広く掲載中。
企業からのスカウトメールを受け取ったり、気になる求人情報をスクラップしたり出来ます。


>>>詳しく


転職エージェントと転職サイトを併用する


転職(情報)サイトと転職エージェント(人材紹介)の違いはコチラでご確認ください。

ここでは転職活動用のツールとして転職サイトで知り得た情報を利活用することを前提としています。

実際、IT転職ナビ(情報サイト)経由で転職支援サービスを受ける場合は、ワークポート(人材紹介サイト)の転職支援を受ける事になります。


2サイトが両立している意図は
「公開案件で業界の動向(オファーなど)と案件状況をご確認ください」
「希望とマッチすればぜひ応募してください」
「マッチする案件がなければ、エージェントが力になります」
ということになります。


あなたの希望が公開求人情報ではどのような状況なのかを知った上で、エージェントが提供する非公開案件を検討することが可能となります。
まずは転職情報サイトの中から一つ登録しておきましょう。


次に登録するのは可能性を広める為に案件数の多い大手から1社。
ランキング上位から選択していいと思います。

次は特化性の高い専門エージェントから1社。

まとめますと

情報収集の為に情報サイト1社
案件数確保の為に大手1社
マッチング確保の為に特化型1社


それ以上になると情報と労力のパーヘッドが大きくなりすぎます。
(見えてくるように....)といいつつ、まとめてしまいましたねこれ。。。


ただ、当サイトや口コミサイトの運営(8年以上)を通して、見えてきた事をまとめています。検討材料として、ぜひお役立て頂ければと思います。




IT/エンジニア特定派遣型転職サイト




特定派遣型転職サイトとは

特定派遣とは、ITベンダーが常時雇用する人材を取引先に派遣する事です。

派遣法の改正案が国会に出ては消えを繰り返しており、先行きが不透明な点は否めません。
特定派遣を利用する際は、契約後に直接雇用が選択肢としてあるところにしましょう。

ヒューマンタッチ ・エンジニアガイド ・ビッグデータナビ


なかでも雇用形態に多様性(正社員・紹介予定派遣・派遣・契約社員・クラウドソーシング)があるパソナテックなら、上記不安点もクリアできます。




IT/エンジニアフリーランス案件紹介サイト



フリーとしてご活躍されている方は、案件の確保で労力を裂かれるのだけは避けたいところです。
フリーランス案件を紹介しているサイトがありますので活用しましょう。

レバテックフリーランス ・エンジニアナビ


  ITフリーランス案件・求人サイトの紹介

IT転職関連記事



特徴! JAVAの転職におすすめの求人サイトはこちら!

特徴! 社内SEの転職・求人募集ならこのサイトが使える!

特徴! AS400/RPGの転職・求人募集ならこのサイトが使える!