働く!探す!使えるネット

転職エージェントの上手な活用方法


HOME就職・転職>転職エージェントの上手な活用法

転職エージェントの活用法



転職活動の3つの方法

転職をするには主に3つの方法があります。


1.独りで転職活動を行う

2.コネ、伝手を使う

3.転職エージェント(人材紹介)を使う


それぞれメリット・デメリットがありますが、1は今の仕事を抱えながら時間、労力、お金を懸けての活動となりデメリットが多すぎます。

2のコネ、伝手(つて)は最短で転職となりますが、職に就いた後、うまくいかなかったときは紹介者との関係で気を揉む事になります。

そこで、最近では3の転職エージェントを使うことが多く、一般的になってきています。

転職エージェントは転職サイトや人材紹介サイトで無料で利用できます。




転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職エージェントを使う際、転職サイトを経由することがあり、ユーザーが混同するケースも見受けられます。
転職サイトと転職エージェントの違いは大きく分けると



転職(情報)サイト
転職情報を基に独りで転職活動を行う

リクナビネクスト ・イーキャリアなど


転職エージェント(人材紹介サイト)
専任のキャリアアドバイザーが情報提供から面接、就業まで段取りと打ち合わせ(相談・アドバイス)をしてくれる

リクルートエージェント ・マイナビエージェントなど



となります。

転職サイトは主に独りで転職活動を行う際に利用されますが、先述のとおり、効率的ではありません。

又、転職エージェントはご自身に合ったエージェントでなければボタンの掛け違いで希望とかけ離れた結果となってしまいます。


そこで上手な活用法です。



転職エージェントの上手な活用方法


基本フローは3段階です。

エージェント活用のフロー

知る

希望が明確になっているかを知る
ビジョンを持っているかを確認しておきましょう。ここが曖昧だと、主体性を持って転職活動に取り組めません。


希望職種の動向を知る
リクナビnextなどの転職情報サイトで動向を情報として得ておきましょう。


希望職種に合うエージェントを知る
特化型か総合型か?転職エージェントを複数サイト内でよく確認しておきましょう。



選択する

・転職エージェントの選択
エージェントのWEBをしっかりと確認しつつリスクマネジメントをしエージェント本位ではなく、あなたの側に立って支援してくれるかを見極めましょう。

point
・メールやり取りの段階でのレスポンス状態
・レジュメをちゃんと理解してくれているか
・先を見越したキャリアプランを提案してくれるか
・転職しない選択の可能性を考えてくれているか
・紹介案件の提案理由を明示できるか
・案件の懸念材料もしっかりと提示してくれるか
・キャリアアドバイザーとの相性


以上のポイントを抑えてエージェントを選択しましょう。

登録後でもキャリアアドバイザーとうまくいきそうになければ上と掛け合って変更依頼もありです。


・転職エージェントの登録数

最終的に1社での決定になる為、理想は1社ですが、可能性を広める為に2〜3社までは範囲内とします。

それ以上は対応に追われてデメリットとなってしまいます。


例)
情報収集の為に情報サイト1社
案件数確保の為に大手1社
マッチング確保の為に特化型1社

計3社


行動する

・転職エージェントの決定後
情報の収集と分析で選択肢が決まったら登録となります。

ここまでは自分本位で事は進みますが、ここからは見られる立場でもあります。
登録後は、できるだけ連絡をとり、少しずつでも信頼関係を築き上げていきましょう。
能動的であるほうが引き寄せるものに踊らされる可能性が低くなります。

・面談の際の行動
履歴書の書き方などで提出書類に不備のないように心がけましょう。


「面接する企業が求めるものは何か」や「エージェントと企業間のやりとり」など、いざ面接となった時にあわてる事のないよう綿密に情報交換をしておきましょう。



上手な活用法は以上です。

簡略的で実際の流れとは異なる点もありますが、不明な点などありましたら、その点こそ、自身で選択したエージェントへ問い合わせてみましょう!
見えない点を一つ一つクリアして、見通しをよくしましょう。そして転職を成功へ導きましょう!


最後までお読み頂きありがとうございます。
あなたの未来が今よりも明るい未来であるようここで、祈っております。