働く!探す!使えるネット

最終章<情報の収集・分析>


HOME>情報の収集と分析(メディアリテラシー)

情報の収集と分析の大切さ



1) 柔軟体操

前章<悪意もある社会>では、「リスクマネジメントで確実性を増す」という点を確認しました。

ここでは情報の収集と分析の大切さについて確認していきたいと思います。

<カードミッションその3>

またカードの登場です。           ↓フレーム内見えない方はこちら

ここでは「あなたが選ぶであろうカード」を予言します。
カードをクリック指定する事なく、あなたの心の中だけで選ばれた1枚のカードが消えます。
※カード画像をクリックする必要はありません。

説明を読み[ NEXT ]をクリックしながら辿ってみて下さい。



既にトリックを知っていた方は、初めて体験した時の事を思い出してみてください。
このように思ったのではないでしょうか。
「なぜ?」→「待てよ♪」→「こういう事か!」

この「なぜ?」を解明する目的を持ったあなたは、カードの柄・数字・配列等を見比べて事実を認識し、原因を解明しました。

結果から情報収集し分析すると、なんら不思議な出来事ではなかった訳です。

2) 情報収集・分析は必然として大切

上のケースでは結果から情報分析に入りました。
今回は「不思議な体験」ですみましたが、現実社会では「最悪な体験」となってしまい、事後処理では遅くなる事もあります。

就職・転職などの場合、予備知識もなく情報もない中で飛び込むと、面接落ち、冷遇、解雇、倒産といった惨事に見舞われないとも限りません。

働くという事が「時間と労力という貴重な財産を代償」とする以上、結果はできるだけ「目標とする姿」に近づけたいものです。

いうまでもなく、結果を待っての情報分析ではなく、事前に情報収集と分析で予備知識を備えた上での取捨選択が必要となります。

次は、やみくもに情報収集し、消去法で択一すれば正しい選択ができるのか?
より良い選択をするには?という点についての確認です。

3)より良い取捨選択のために

メディアリテラシー(情報収集・活用の能力)という言葉があるように、主体性を持って取り組まなければ情報に踊らされる事になってしまいます。

よりよい選択をするために以下の3つを意識しましょう。

収集の際は目的意識
目的意識をはっきりさせれば、必要な情報が何なのか見えてきます。

分析の際は問題意識
問題意識をはっきりさせれば、情報個々の真偽が見えてきます。

選択の際は主体的判断
判断は常に自己判断。ここに主体性がないと情報に踊らされる結果となります。

既にあなたはビジョン構築の大切さリスクマネジメントの大切さを知り得ています。
上記3点を意識して、あなたに「情報収集・分析の力」が備われば、選択の基準が明確になり、よりよい結果へ自らを導くことになるでしょう。

以上で確認は終了となります。

それでは最後のカードミッションです。  ↓フレーム内見えない方はこちら
以下では、働く際に「あなたが重要視する条件」がカードになっているとします。



当サイトがあなたのビジョン達成に少しでも貢献できる情報でありますように。


求人情報サイト


カテ アルバイト情報

  日払・短期〜長期

├ マイナビバイト
├ ショットワークス
├ フロムエーナビ
├ バイトルドットコム
├ ドーモネット静岡
├ ワークゲート
├ シフトワークス
├ ジョブセンス
├ セールスタッフ
├ リゾバドットコム
├ くるくるバイト
└ インディビジョンバイト

カテ 就職・転職情報

  総合求人

├ JACリクルートメント
├ リクルートエージェント
├ ウーマンウィル
├ TYPE転職サイト
├ シゴトイン
├ インディビジョンの転職
├ はたらこねっと
├ イーキャリア
├ マイコミエージェント
├ パソナキャリア
├ green グリーン
└ DODA・デューダ
カテ 就職・転職情報

  IT・エンジニア

└ ITワーク

  医療・福祉関連

├ ドクターズキャリア
├ カイゴジョブ
├ ファーマネット
├ ファーマ人材バンク
├ マイコミ医療系
├ マイコミ看護師
├ 看護プロ
└ ナース人材バンク